車の査定額が下がる要因

| コメント(0) | トラックバック(0)

車は、中古市場が存在するCDやDVD、ゲーム機やゲームソフトやパソコンと言ったものと同様に、買った瞬間から徐々に価格が下落していきます。
売りに出す際には、プレミアが付く車でなければ、大抵は買ったときよりも大幅に安くなるものです。
条件によって、中古で売れる価格よりも更に値段が下落することもしばしばあります。

車を売る際に、査定額を下げる要因は色々あります。
一番わかりやすく査定額にひびく部分は、外装や内装といった目で見てわかる部分です。
特に事故車や、著しく車の外観が損なわれる、いわゆる車の外傷については、査定額を大幅に引き下げる要因となります。
事故車やあまりにも目立つキズやへこみは、直して売りに出した方が、結果的に得になることもあります。

また、走行距離や年数といった、車が世に出てから経過したその車の年齢に関する部分も、査定額を引き下げる要因です。
走行距離が長いと言うことは、それだけ乗り回して消耗しているということですから、車の耐用年数を考えれば、必然的に査定額が下がります。

また、年数もモデルチェンジ等を経て時代が移り変われば、それだけ購入する人や見向きする人も減少しますから、査定額が下がる原因となるのです。

その他にも、匂いが酷い場合や改造している等の要因で、査定額が下がる場合があります。
>>クラウン 査定

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://billigenikeshoxsko-norwy.com/mt-tb.cgi/3

コメントする